第5回 OVC EXPO 2006 中国武漢
   
          


| 組織委員会からのご挨拶 | 日本窓口からのご挨拶 | 基本的なQ&A(ご参考) |



 

「中国光谷」国際光電子博覧会並びに技術/産業フォーラム組織委員会
東湖新技術開発区管理委員会副委員長 周広運氏




 中国情報産業商会及び武漢国家光電子情報産業基地が主催する、第5回「中国光谷」国際光電子博覧会並びにフォーラム (OVC EXPO 2006。以下「光博覧会」という)は、2006年11月2日~5日に、中国湖北省武漢市・中国光谷にて開催する運びとなりました。

 2002年より毎年1回開催しております光博覧会は、中国国家情報産業省、中国国家科学技術省、中国国家教育省及び中国国家知的財産局等の国家関連機関、また、湖北省人民政府や武漢市人民政府からの一貫した大きな支持の下で、いずれの年においても成功を収めることができ、全世界の光電子情報産業に関わる関係の方々の中国における重要な盛会となったと言えましょう。

 光博覧会は光電子産業の国際的なイベントとして、中国国内外の研究機関、企業、関係者の方々の間の情報交換、相互協力及び開拓発展のための多様なステージを提供してまいりました。出展企業等は毎年上昇しており、昨年(2005年)の国外出展件数は30%を超えております。世界500強に名を連ねるような国際的な著名企業にも毎年ご登場いただいており、米国、日本、韓国、台湾、香港等の関連団体などが視察団を組み、当博覧会を訪れております。イベントのコンセプトやプログラム構成、ならびに会場サービス等、各方面の参加者からの好評を博しております。

 今年、第5回の光博覧会の展示エリアは昨年同様、15,000平方メートル に達し、10数ヶ国・地域から600余りの出展企業等が見込まれております。展示内容は光ファイバー通信技術及び製品、レーザー技術及び製品、光学ディスプレイ関連技術及び製品、光デバイス及び関連部品、光電子産業関連の周辺製品等、光電子産業の重要領域が中心となっております。

 今回の光博覧会は同時開催の各種フォーラムも含め、「顧客ニーズの獲得、市場のさらなる拡大、関連産業への連鎖波及」といった、光電子業界の総合的な経営課題に直結するよう、全体をデザインし、終始一貫した取り組みに努めてまいります。中国国内外の出展企業のほか、機器や部品の調達関係者や市場化関連の技術開発者なども、大きな関心を持ってお越しになることを願ってやみません。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。ぜひ、「錦秋の季節」に、中国武漢の多彩なステージでお会いできることを楽しみにしております。




中国光谷・国際光電子博覧会・日本窓口
株式会社技術経営創研