佐藤 暢 20060607


科学技術の今を知る「サイエンスポータル」
 
〜科学技術のさらなる振興に向けた期待と雑感〜



    
 独立行政法人 科学技術振興機構による、日本の科学技術に関する総合情報ポータルサイト「サイエンスポータル」が、いよいよ公式オープンとなりました。同サイトでは、理化学研究所産業技術総合研究所など国内18の主要な研究機関の最新成果や、科学技術関連ニュース等、研究者から一般の人まで幅広い方々を対象とした多様な情報を掲載していくとのことです。
    
 さっそくサイトを閲覧してみますと、「サイエンスポータルインタビュー」の第一回目として、「脳を鍛える」ゲームソフトの監修でお茶の間にもよく知られている、川島隆太・東北大教授による、ご本人の生い立ちや「脳」への熱い思いなどが興味深く描かれたインタビュー映像なども楽しむことができます。 今後、上記のような企画コンテンツのほか、一般向けのコンテンツ例としては、科学技術に関するニュースを1日数本ずつ取り上げ毎日更新、また、研究者向けのコンテンツ例としては、研究支援制度の公募情報や研究職の求人情報など、内容を充実させていくとのことです。
    
 日本学術会議の黒川会長、科学技術振興機構の沖村理事長の両氏による冒頭挨拶を拝見しますと、このポータルサイトは「日本の科学技術に関するポータルサイト」として、「科学技術に携わる我が国の研究者、技術者、教員、学生が、一日一度は開いてみたくなる、親しんでいただけるポータル」を目指す、とのことです。 ところで、これからの科学技術の振興のためには、広く国民からの関心と理解を獲得するための取り組み、また、産業イノベーションにも資するような戦略的な研究開発等への取り組み等の重要性も、今後ますます増してくるものと思われます。

 そのような観点から、本ポータルサイトが、科学技術関係者向けのコンテンツだけでなく、また、研究成果や内容などを単に 「分かりやすく」 紹介するだけでなく、 「より面白く」 (たとえば日々の生活でタメになるような、ちょっとした生活の知恵であるとか、 オヤ?こんなところで科学技術が・・・ といった啓発的なものなど)、あるいは、 「より深く」 (たとえば研究成果をもとにした事業化への挑戦や、ビジネス意欲をかき立てるような刺激的なコンテンツの提供など) といった取り組みにも、ぜひ志向していただけたらと、日本の研究開発支援等に携わる一員としても、大いに期待しているところです。



 参考ウェブサイト

   ○ サイエンスポータル

   ○ 科学技術振興機構